家電リサイクル法とは何か?

家電リサイクル法は2001年4月に施行されました。
それ以前は埋め立て処分をしていたわけですが、それでは廃棄物が減少しないですし、捨てたものの中に利用可能な資源があるということから、使われなくなった家電製品をリサイクルして有効活用することを目的として制定されています。
ここでは家電リサイクル法についてわかりやすく説明していきますので、不用品回収をしてほしい家電製品がある人は一読するといいでしょう。


家電リサイクル法の対象家電製品は

家電リサイクル法の対象になっている家電製品はテレビとエアコン、洗濯機(乾燥機)、冷蔵庫(冷凍庫)の4品目です。
なお、パソコンは対象になっていませんが、別の法律の対象になっています。
これらのものについては自治体で粗大ごみとして処分することはできない点に注意してください。

対象家電製品を処分するためには

家電リサイクル法の対象になっている家電製品を処分するためには大きく分けて5つの方法があります。
1つ目は購入した小売店で引き取ってもらう方法です。
2つ目は製品を買い替える際に古い製品を引き取ってもらう方法です。
3つ目は最寄りの小売店で引き取ってもらう方法です。
4つ目は自治体に引き取ってもらう方法です。
5つ目は不用品回収の業者に引き取ってもらう方法です。
以上5つの方法があるわけですが、処分するためにリサイクル料金を支払う必要が出てきます。
家電リサイクル券を発行しているRKCの会員になっている場合は小売店でリサイクル料金を支払うことができるのですが、自治体やRKCの会員になっていない小売店の場合は事前に家電リサイクル券を購入する必要が出てくる点に注意します。

対象になっている製品は安易に捨てることができない

家電リサイクル法の対象になっている家電製品は安易に粗大ごみとして出すことができなくなっています。
その場合は何らかの方法で処分をすることになります。
メリットやデメリットを考慮に入れてどの方法にするのかを考えていったほうがいいでしょう。

更新情報