エアコンの処理方法

- エアコンの処理方法

エアコンの処理方法

エアコンは年々高性能のものが出てきています。
新型になると旧型に比べて性能が上がっているにもかかわらず、電気代が半額以下になることもあります。
しかし、エアコンの買い替えでネックになるのが旧エアコンの処分です。
不用品回収をお願いする時に自分たちでなかなか取り外しができませんので、どうしても業者の力を借りることになります。

エアコンの平均寿命は

エアコンは丈夫な家電製品のように思われるかもしれませんが、年々効き目が弱くなったりするのである意味では消耗品と言ってもいいでしょう。
メーカーでは平均寿命を7年と設定していますので、それ以上使い続けているのであれば、部品の問題で修理をすることができないことがあります。
7年を過ぎて故障をした場合は買い替えるタイミングとしてふさわしいでしょう。

エアコンを処分するためには

買い替えなどで古いエアコンを処分したいという場合、自治体で粗大ごみとして出すことはできません。
そのため、どこかで不用品回収をしてもらう可能性があります。
不用品回収の業者であればエアコンの取り外しから回収まで一貫して依頼することが可能です。
エアコンの回収費用は2,500円から4,000円前後で、それに取り外し費用が別途かかります。
エアコンを処分する場合はどうしても取り外しのことを考えないというわけにはいきません。
業者に粗大ごみとして処分するのであれば、その費用も含めて考える必要が出てきます。


  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »