テレビの処理方法

- テレビの処理方法

テレビの処理方法

テレビは地上デジタル放送が始まった頃から大きく様変わりしています。
以前はブラウン管が主流だったのが現在は液晶テレビやプラズマテレビが主力になっています。
今でもブラウン管を持っているという家庭はどうやって処分すればいいのか困っているという人もいると思いますので、ここではテレビの不用品回収について紹介していきます。

価値があるものはリサイクルショップに持っていくのもいい

粗大ごみに近いテレビであっても販売してから5年もたっていないようなテレビであれば、不用品回収に出すよりはリサイクルショップに出す方がいいでしょう。
捨てるのはもったいないという風に感じるテレビであればリサイクルショップで買い取ってもらえるかどうか検討してみてください。


不用品回収業者に出すという方法もある

リサイクルショップに持っていったが買い取ってくれなかったという場合は、不用品回収業者に出して見るというのも一つの手です。
ブラウン管テレビは現在国内での需要は全然なく、粗大ごみとしてそのままとっていると置くスペースがかかりますので、業者に出すのがいいでしょう。
出したときの料金の目安としては1,500円から3,500円と言ったところです。
テレビは価値があるという風に認められそうなものであれば、リサイクルショップやネットオークションに出してもいいですが、不要なものであればお金を出して業者に処分してもらうようにするといいでしょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »